プリズナー No.6 Blu-ray Collecter’s BOX

「番号なんかで呼ぶな! 私は自由な人間だ!」
007役候補にもなったイギリスの名優と「サンダーバード」のITCが共同製作!

奇妙な“村”に幽閉された元スパイの冒険を描く伝説のカルトSFドラマが遂に初ブルーレイ化

ご購入はこちらから

作品情報

斬新奇抜な設定と、謎と不条理に満ちたストーリー展開でいまだに全世界に熱狂的ファンを持つカルトSFドラマ!

『プリズナー No.6』とは、「007」シリーズのジェームズ・ボンド役候補にもなったイギリスの名優パトリック・マクグーハンが創案し、自ら企画・製作総指揮(一部を監督・脚本)、そして主演も務めた不条理SFドラマ。「サンダーバード」のITCの共同製作を得て誕生した。日本でも1969年、NHKの日曜夜に放映され、熱狂的なファンを生んだ。2009年にはリメイク版も製作されている。

【恐るべき未来!?】“ディストピア”テーマの超異色作!

本作は、1967年から翌68年にかけてイギリスITVで放映された全17話のテレビシリーズである。製作・配給は「サンダーバード」(65-66)、「謎の円盤UFO」(70-73)のITC。本作のために設立されたエヴリマン・フィルムズと共同製作し、人間が自由を奪われ、“番号”で管理されるという絶望的な世界を、レトロフューチャー風味のセットデザインとともに描き出した作品だ。

【007役を拒んだ伝説的名優!】敏腕スパイ“ジョン・ドレイク”から、囚われのスパイ“No.6”へ

本作の主人公“No.6”を演じたのが、イギリスの俳優パトリック・マクグーハン。アイルランドで育ったマクグーハンは、ビジネスマンを経て20代半ばに俳優デビューを果たした。NATO(北大西洋条約機構)のスパイであるジョン・ドレイクを演じたITCのテレビシリーズ「秘密命令」(60-61)と、ドレイクがイギリス諜報部員として活躍する続編「秘密諜報員ジョン・ドレイク」(64-66)でその名を広く知らしめた。マクグーハンは「007」シリーズ映画化の際にジェームズ・ボンド役の候補にのぼり、ショーン・コネリー卒業後も二代目ボンドの打診を受けた経歴の持ち主。しかし、敬虔なカトリックである彼は、容赦なく銃を撃ち次々に女をモノにするボンドを忌み嫌い、オファーを拒み続けていた。そんなマクグーハンが「~ジョン・ドレイク」に続いて主演したスパイ・ドラマが本作「プリズナー No.6」なのである。

【吹替版も聴き逃せない!】若山弦蔵、山田康雄、滝口順平、富田耕生、肝付兼太、小林清志、愛川欽也ほか!

宿敵No.2役の若山弦蔵さんをはじめ、 山田康雄さん、滝口順平さん、富田耕生さん、肝付兼太さん、 愛川欽也さんら、惜しくもこの世を去られた数々の名声優陣の日本語吹替音声を収録。今も活躍するベテラン勢の往年の“あの声”が、当時そのままの日本語吹替版仕様で完全ノーカット収録! 聴き逃せない!


商品情報

●プリズナー No.6 Blu-ray Collector’s BOX[Blu-ray]

発売元:メディアネット ピクチャーズ/(株)ニューライン
販売元:ハピネット・メディアマーケティング 
企画協力:(株)フィールドワークス
BD5枚組/約853分+特典353分/カラー/1080pピラーボックス(スタンダード)/1967年イギリス製作

音声:英語5.1chサラウンド(リミックス)/日本語2.0chモノラル(吹替)Dolby TrueHD
字幕:日本語字幕/吹替用字幕
※画面サイズ・音声・字幕は本編の仕様です。

映像特典:
封入特典:特製ブックレット
品番:HPXR-489

ご購入はこちらから

キャラクター

■ No.6:パトリック・マクグーハン(声:小山田宗徳)

イギリス諜報機関を辞職した元・敏腕スパイ。辞表を叩きつけたロンドンの施設から自宅に戻ると、何者かに催眠ガスで眠らされ、拉致される。目を覚ますと、そこは見知らぬ“村”。外界と遮断されたその場所では住民がすべて番号で呼ばれ、村を管理する支配者“No.2”から、“No.6”と命名される。

■ No.2:ガイ・ドールマン(声:若山弦蔵)/コリン・ゴードン(富田耕生)/ケネス・グリフィス(近石真介)ほか
No.6にとって最大のライバル。No.6の行動によって毎回のように失脚させられ、次の回で新たな者が就任して登場する──ある者は強面、ある者は知的、ある者は気弱でまたある者は道化──個性豊かなキャラクター。多彩なゲストスターが毎回入れ替わりNo.2を演じている。

■ 管理官:ピーター・スワンウィック(声:槐 柳二/千葉耕市)

■ 執事:アンジェロ・マスキャット

■村のアナウンスの声:フェネラ・フィールディング(声:新道乃里子)

製作総指揮・監督・脚本:パトリック・マクグーハン(「刑事コロンボ」シリーズ、『北極の基地/潜航大作戦』、『スキャナーズ』ほか)
製作・監督・脚本:デヴィッド・トンブリン(「謎の円盤UFO」<TV>、「ウィリアム・テル」<TV>、「透明人間」<TV>ほか)
撮影:ブレンダン・J・スタッフォード
美術監督:ジャック・シャンパン
音楽監督・作曲:アルバート・エルムズ
テーマ音楽・作曲:ロン・グレイナー

◎日本語版制作スタッフ
演出:加藤敏
翻訳:山田小枝子
効果:TFCグループ/芦田公雄
録音:三栄スタジオ
調整:笹岡栄太郎
制作:東北新社


エピソード

【第1話】地図にない村 Arrival.

イギリスの諜報機関を辞職した元・敏腕スパイが、自宅に戻ると何者かに催眠ガスで眠らされ、見知らぬ“村”で目を覚ました。外界と遮断されたそこでは、住民がすべて番号で呼ばれ、男は村を管理するNo.2から“No.6”と命名される。

《ゲスト声優:若山弦蔵、浦野光、近石真介、滝口順平、千葉耕市ほか》

【第2話】ビッグベンの鐘 The Chimes of Big Ben

新たに拉致されてきた女スパイがNo.8としてNo.6の隣家に住むことになった。No.2より世話を頼まれたNo.6は、同じ境遇の彼女と親しくなり、共に脱出計画を画策する。“村”で開催された美術コンテストを利用して作った小舟で海に漕ぎ出すが……。

《ゲスト声優:早野寿朗、富田恵子、槐柳二、村越伊知郎ほか》

【第3話】A,B&C A. B. and C.

No.6は辞職する前に、あるパーティーで3人の人物と会っていた。3人はいずれも敵方に寝返ったスパイで、No.6がその誰かに情報を売ったと睨むNo.2は、新薬投与による記憶再生実験でNo.6から情報を得ようとするが…...。

《ゲスト声優:富田耕生、来宮良子、仁内達之、村松康雄ほか》

【第4話】われらに自由を Free For All

No.2からの誘いに乗り、No.6は新しいNo.2を決める選挙へ立候補した。選挙戦が進むにつれ、No.6には本人が気づかぬうちに恐ろしい洗脳が施されていく。

《ゲスト声優:久松保夫、山東昭子、勝田久、槐柳二ほか》

【第5話】暗号 The Schizoid Man

ある朝、別の家で目覚めたNo.6は髪の色が変わりヒゲを生やしていた。いつの間にかNo.12という別人に仕立て上げられていたのだ。No.2から「No.6に化けて彼を混乱させるように」と依頼されたNo.6が自宅に戻ると、自分と瓜二つの人物が現れる。

《ゲスト声優:伊藤克、多田幸雄、杉弥生、文部おさむほか》

【第6話】将軍 The General

“将軍”の指示のもと、テレビを利用した歴史のスピード学習が始まった。村の住人すべてが受講を強要されるが、実はそれは新たな洗脳の試みだった。No.6は将軍の正体を探ろうと、教育委員会の建物に潜入する。

《ゲスト声優:富田耕生、中田浩二、中村紀子子、槐柳二、肝付兼太ほか》

【第7話】皮肉な帰還 Many Happy Returns

No.6が朝目覚めると、村には人気がなく閑散としていた。不審を抱きながらも絶好のチャンスと思ったNo.6は、村の存在の証拠となる写真を撮り、イカダを作って海からの脱出を試みる。25日間の過酷な漂流の末、ついにロンドンへ辿り着くが……。

《ゲスト声優:宮川洋一、阿部寿美子、須永弘、北村弘一、槙伸子ほか》

【第8話】死の筋書 Dance of the Dead

No.2は村で年に一度開かれるカーニバルを利用し、No.6を屈服させようと画策していた。一方、No.6は海岸で発見した死体からラジオを手に入れるが、招待された道化芝居でこれをとがめられ、理不尽な裁判が開かれる。

《ゲスト声優:真咲美岐、千葉耕市、北浜晴子、大木民夫、村松康雄ほか》

【第9話】思想転移 Do Not Forsake Me Oh My Darling

村を訪れた“大佐”とNo.6が、特殊な装置によって精神を入れ替えられた。大佐の姿になったNo.6は、装置を開発した失踪中のセルツマン教授を探し出し、元の体を取り戻そうとする。

《ゲスト声優:外山高士、前田敏子、巌金四郎、寺島幹夫、依田英助、飯塚昭三ほか》

【第10話】暗殺計画 It's Your Funeral

No.6を突然訪ねてきた娘が、父親による「No.2暗殺計画」を打ち明けた。No.6はいったん娘を追い返すが、偶然にも、時計屋を営む娘の父が時限爆弾を製作していることを知る。暗殺が実行されれば村全体が処罰されると考えたNo.6は、No.2に知らせるが……。

《ゲスト声優:内田稔、二階堂有希子、中村正、仲村秀生、槐柳二ほか》

【第11話】チェックメイト Checkmate

No.6は人間が駒を演じるチェスゲームに参加した。ところが駒の1人であるルークが突然盤上から逃げ出し、病院へ収容されてしまう。No.6は退院したルークを村からの脱出計画に誘うが、No.2はチェスでクィーンだった女性に暗示をかけ、No.6を監視させる。

《ゲスト声優:小林清志、今井和子、八奈見乗児、滝口順平ほか》

【第12話】悪夢のような Living in Harmony

保安官を辞職し旅に出ていたNo.6は、数人の男たちにハーモニーという西部の町に連行される。町を支配する判事はNo.6に町の保安官になるよう執拗に迫る。拒み続けていたNo.6も、不当に拘禁された酒場女キャシーの釈放と引き替えに保安官を引き受けるのだが……。

《ゲスト声優:山田康雄、久松保夫、渡部猛、藤本譲、今西正男ほか》

【第13話】反動分子 A Change of Mind

村への反抗的態度を繰り返してきたNo.6は、委員会に呼び出され、彼に対する苦情が住人たちから殺到していると告げられる。やがて反動分子として拘束されたNo.6は、“治療”と称する手術を施される。だが、それは見せかけだった。

《ゲスト声優:野口ふみえ、高橋正夫、北川米彦、渡辺知子、槐 柳二、村松康雄ほか》

【第14話】No.2旗色悪し Hammer into Anvil

病院でNo.2の執拗な質問責めを受けたNo.73が飛び降り自殺した。怒りを覚えたNo.6はNo.2と激しく対立。やがて同じレコードを何枚も聴いたり不思議なメモを残したりと奇妙な行動を取り始める。調査しても手がかりを掴めないNo.2は次第に疑心暗鬼に陥っていく。

《ゲスト声優:巌金四郎、寺島幹夫、沢田敏子、永井一郎、峰恵研、上田敏也、槐柳二、恵比寿まさ子ほか》

【第15話】おとぎ話 The Girl Who Was Death

ロンドンでクリケットに興じる大佐が爆弾により暗殺された。諜報員No.6に、大佐が調べていたロンドン攻撃用ロケットを破壊するよう命令が下る。No.6はロケットを開発するスニップ博士の行方を追うが、謎の女が現れて調査はことごとく妨害される。

《ゲスト声優:近石真介、三木弘子、飯塚昭三、北村弘一、飯塚昭三、塩見竜介ほか》

【第16話】最後の対決 Once Upon a Time

No.1より期限を言い渡されたNo.2は、最後の手段としてNo.6に退行催眠をかけ、幼少期から精神面を切り崩そうとする。秘密の地下室でシーソーやブランコに揺られ絶対服従を教え込まれたNo.6に、No.2は辞職の理由を問いただすが……。

《ゲスト声優:早野寿朗、槐柳二、高田竜二ほか》

【第17話】終結 Fall Out

No.2に勝利し、No.1との会見を求めるNo.6は、議長と議員たちが待つ“議会の間”へ通された。これまでの反抗的態度を称賛されたNo.6に、議会は村の指導者になるよう求めるが、No.6は自由の身を選ぶ。そして、ついにNo.1と接見する時がやってくる!

《ゲスト声優:早野寿朗、田口計、愛川欽也、槐 柳二ほか》

© ITC Entertainment Group Limited 1967. All rights reserved.  Licensed by ITV Studios Global Entertainment.